2006年12月

28日

 今年最後のネタはバッテリー。地味ですが重要な所です。

 今回も例によってやふおくで購入したドライバッテリー。先週寒い中取り付けしました。さて、なぜ今頃ドライバッテリーなのかですが....、

 以前から酷かったマイナス側バッテリーターミナルの腐食。材質が悪いのかバッテリーが悪いのかよく分かりませんが、このまま使い続けるのは危険な状態にありました。

 そこで目を付けたのがドライバッテリー。シールドタイプのドライバッテリーならガスの心配もありませんし、平端子になっているのでバッテリーターミナルを使わなくても結線できます。これで腐食ともおさらばできるはず。

 余談ですがドライバッテリーにするとものすごい軽量化になるというイメージがあったのですが、普通に重いです( ;^ω^)。たしかにケースは小さいですが、小さい割りには随分重たいと言うか....。もちろんバッテリー液たっぷりのノーマルバッテリーより軽いのは確かです。面倒だから量らなかったけど。

 それと同一出品者からオプションでこのような結線ケーブルが出ていたので、一緒にオーダーしました。って言うかこれが無いと面倒なことになるはず。純正のバッテリーターミナルを使って結線したいのであれば、M2販売のドライバッテリーが安くていいと思います。私は平端子の方がいいのでこっちにしましたが。

 ちなみに古いバッテリーを外す時に、マイナスのターミナルが割れました(;´д` )。もう限界だったようです。

 取り付け時にこまったのが固定方法。最初は無難に縦置きを考えたのですが、それだと底の面積が狭くて納まりが悪い....し純正の固定金具が合っていません。固定金具もオプションで売っているのでケチらず買えばよかった....。
 そこでドライバッテリーらしく横置きを考えたのですが、それだと反対に設置スペースが足りません。車内移設という手もありますが、配線の延長等が必要なのでメンドい....。

 仕方ないのでヒューズボックスを移設。バッテリーも汎用金具を駆使して固定しました。さすがにタイラップ留めはまずいので。おかげでガッチリ固定できました。

 後はオプションケーブルを使って接続すれば完成です。プラス側は純正のターミナルを外してからボルトとナットで固定。マイナス側は既に平端子になっているのでやはりボルトとナットで固定します。

 交換後の感想ですが、今までと変わりません(ォ。加速が良くなったとかステアリングを切った時の反応が良くなったとかはあまり感じません。エンジンの掛かりが良くなったということも....、まあ今までも悪くなかったから当然か。

 んじゃドライバッテリーなんて意味が無いのか....。ある意味そうかもしれません。マーチのように初めから小サイズのバッテリーで動いている車だとドライとの重量差も小さいです(逆に寒冷地仕様等、でかいバッテリーを搭載している車なら差もでかい)。最大のメリットはやはり取り付けの自由度でしょうか。縦置きでも倒しても好きなように設置できますし、ガスの心配が無い(完全に無いかどうかは分からないが....)ので車内設置も気軽に行えます。私は平端子で接続したかっただけですが....。まあ1万円前後と買いやすくなってきたので、無理に買う必要はありませんが余裕のある時に奮発してみるのもいいかもしれません(ある程度の加工は必要)。

 さて、私情により今年のまーちにきの更新はこれでお終いです。静かなお正月を過ごす予定です。そして4日から仕事だ....orz。
それでは皆様とってもよいお年を。

26日

 来年の東京オートサロンではC+Cが出品されるようですね。いよいよ国内販売も始まるのでしょうか。まあ今回も遅すぎた感は否めませんが....。

 さてクーラント噴き対策の続き....。

 噴出の原因を解明するためには、エンジン内の水温を知ることも不可欠です。現在も水温計は付いていますが、そこに表示されるのはラジエーターで冷やされた後の水温です。そこで水温計をもうひとつ追加することにしました。

 これはテクトムのCMX-100。やふおくって新品を入手しました。ヒューズボックス下の診断ハーネスに接続するだけで、各種センサーの情報を読み取れるという優れものです。これがあれば純正の水温センサーを通してエンジン内の水温を知ることができます。ちなみに現在では生産が終了しているようです。代わりに燃費マネージャー買えということでしょうか。

 裏側はこんな感じ。本体はかなり小さいですね。早速取り付けてみました。

 本体は先日まで時計ホルダーだった所に固定。ただ小さすぎる為、スポンジも一緒に挟みました。配線はメーターとコラムカバーの間から中へ。

 接続先の診断機コネクターは両脇の爪を挟んでから奥に押し込みます。これで裏側で接続できるようになります。

 後はコネクターを接続して内装を戻して完成です。キーを捻ればすぐ使えます。早速表示項目を水温に切り替えて近所を走ってみました。

 結果は問題無し。一旦90℃まで上がりましたが、その後はサーモが開いたのか85℃前後を徨うばかり。まあそうじゃないと困るんだけどね。後は高回転域を使用した際に水温がどうなるか....ですな。なのでベルト交換はもうちょっと後に。

 週末もうひとつ取り付けたのがドライバッテリー。こっちは後日....。


http://toyota.jp/mr-s/sp/index.html
MR−Sもとうとう糸冬了に向かうみたいですね。いちスポーツカーファンとしては寂しい限りです。残数カウンターが涙を....つд` )。来年には後継車が出るそうですが本当なんでしょうか。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?queId=10177224
難しい問題ですなぁ( ;^ω^)。

22日

 今年もあと僅か。できるだけ更新していきたいなと思っています。

 今週からスタッドレスタイヤで走っております。フロントはミシュラン、リアはMZ-03とバラバラ(ホイールもバラバラ)ですが、なかなか軽快に走ってくれるので気に入っています。ロードノイズすごいけど....。やっぱバランス取らないとダメですかね。

 この間国道を眺めていたらシルバーのK12が通り過ぎました。フロントは鉄っちん、リアは社外のアルミでした( ´∀`)。恐らくはみ出したんでしょう。一般の人はツライチだのオフセットだのよく分かりません。社外ホイールの使用も一般化しているだけに、オフセット40ミリ前後のホイールで簡単にはみ出すのは少し問題じゃないかと思うんだけど....。

 さて17日は結局どうだったのかと言いますと....、

 またクーラント吹きました(ォ。今回は大丈夫だろうと走りまわっていたのですが、噴出したクーラントが窓ガラスに飛び散って異変を認識。またしても緑色の液体を滴らせながらピットインとなりました。エンジンルームからは煙がモクモク....(´・ω・`)。

 今日はもう終わったなと思いましたが、時間も残っているので水を継ぎ足して走行。まあその後は5千回転位でシフトアップして走ったのでいまいち楽しめませんでしたが....。

 こんなんじゃ全然楽しめないので最優先で改善しなくてはなりません。そこで原因はどこにあるのか私なりに考えてみました。噴出はリザーブタンクからですから考えられる原因としては....、

|韻覆襯ーバーヒートである
⊃經匹里匹海に詰まりがある
ウォーターポンプがちゃんと動いていない
そもそもマーチはサーキット走行に向かない(ォ

,呂茲ある原因ですが、水温計の針を見るとそれ程でもないので冷却性能が不足しているという訳ではなさそうです。まあ安物水温計なのでどこまで信じられるかという問題はありますが....。

▲機璽發うまく開かない、ラジエーターの目詰まり等色々ありますが、普段は問題ないだけにちょっと違う気がします。

0貳峙い砲覆辰討襪里ここです。ウォーターポンプの故障、というよりはプーリー(ベルト)が滑ってるんじゃないかと。普段は問題ないけどエンジンの回転数が上がるとクランクプーリーが滑ってウォーターポンプが回らない→水も回らないから中で沸騰→ラジエーターまで水圧が行ってキャップから噴出す→でもラジエーターでは冷えるので水温は普通....と。

い....(ォ。

 まあとりあえずはベルトとウォーターポンプ周りをチェックすることにしました。下手にラジエーターをグレードアップすると、単にオーバークールになって終わる可能性もあるので。まずは純正パーツをきっちり使い切れているかどうか見極める必要があります。

 ディーラーで新しいベルトを買ってきました。交換には少し早い気もしますが、ここは新品にすることで万全を期す構えです。週末は他にオーダー(と言うか落札)していた物も届くので合わせてレポートします。寒さに負けなければ....。

 あと新しい時計も買ってきました。

 このように表示部分が透過タイプになっているので、バックライトが無くても時計が見えます。夜間もまあまあ見えます。でもハイビームにするとちょっと見づらい....、まあ取り付ける場所にもよりますが。配線も無いし、ソーラーバッテリーで動くので電池交換が要らない為使い勝手は良いです。

20日

 ガレージと言ったらガレージジャッキ。ひとつ欲しいなぁと思ってはいました。

 んで検索して見つけたのがこのアルミ製ジャッキ。アルミ製のジャッキがあるとは知らなかったのですが、これがカッコイイんですよ。単なる道具にしておくのは勿体ない位です。24千円といいお値段でしたが、つい買ってしまいました。

 お皿の高さは最低で約8センチ。車高の低い車にも対応できます。ただアルミ製ということもあってか全長が55センチなので、メンバーやリンクビームに当てるにはスロープとか欲しいかも(ノーマル車高なら余裕だと思います)。重さは10キロ以上ありますが、スチール製だとそんなもんじゃ済まないので普段の使い勝手はいいと思います。

 それにしてもカッコイイ。しばらく部屋に置いておこう(意味ねぇ)。

 こちらは現ガレージジャッキ。カヤバの油圧ジャッキです。これもそこそこ低いので、家のマーチではぎりぎりジャッキポイントが入ります。狭いガレージ内ではこっちですな。

 時計のバックライトが壊れて点かなくなってしまった。気に入ってたのに....。うーん、バックライトが無いと不便なんだよなぁ。替わりの時計を検討中です。

18日

 戦い終わって....。

 結局思ったような結果は出せなかった。けど次にやることは見えてきたので、行った甲斐はあったと思う。雪が融ける来春まで、車両製作は続く。ここからが楽しいのだ。

 遅くてもいいから逞しく育って欲しい....(切実)。

17日

 そうだサーキットに行こう(ォ。

 気になるお天気は曇り。まあ気温はそこそこ高いし何とか走れそうです。暖冬とは言え時期的に明日が限界だと思います。そろそろスタッドレスに固定したい所ですし。ダメだったら単なるドライブということで....。

 さて出走に備えて準備しました。と言っても洗車して給油しただけですが。それとキャンバーをチェックしてみました。結果はもちろんネガキャンなんですが、1度にも満たないので問題無いですね。タイヤの片減りも目立ちませんし、心配する程でもなさそうです。

 やれることはやった。今回はまともに走れるはず(多分)。

12日

 寒いですが夏タイヤでがんばっております。今週末はいよいよ、いよいよエントリーなるか....。全てはお天気次第。スタッドレスタイヤで行って現地で夏タイヤに履き替えるとかしませんので(ぇー。

 さてガレージのある生活スタート、ということで色々準備中です。とりあえず要らない物を出して中を整理。あと中が暗いのでハロゲンランプを吊るして最低限の作業環境を確保。後は物を置く棚が欲しい所ですが寒いので今日はここまで。

 歪んでしまった鉄っちんの替わりに購入したのがこちら。少々傷有りの未使用アルミホイールです。2本セットで込み込み7千円(安)。サイズは6JJのオフ40。これに中古タイヤを2本追加購入して組みました。試しにフロントに履かせてみるとやっぱりはみ出し....。つくづく社外ホイールの合わない車です。何にしてもこれでようやく冬支度は終了です。現在夏タイヤですが。

 そしてアライメントゲージを買ってしまった。安いやつだけど。写っていませんがキャンバーゲージも付いています。前から欲しかったんですよね。まあK12の場合フロントトーしか弄れないんですが....。とりあえずフロントキャンバーだけでも見て、必要であればキャンバーボルトでも導入しようかと思っています。からくりはうすから調整式ピロアッパーが出ていますがありえない値段なので(ォ。しかしこの寒い中やる気が起きん(何で買ったんですか....)。

 あとジャッキアダプターも買いました。これを付けるとハンドルを挿し込む所をボルトの頭にできるので、ボックスレンチで操作できるようになります。ジャッキハンドルが要らなくなるので、その分車載工具を簡素化できます。替わりに21ミリのソケットが欲しくなりますが。

7日

 sorosorokousinsinaitona(ォ。近況まとめてみました。

 近頃は寒いし天気は悪いしで特に何もやってませんでした。3日の日もサーキットも行ってません(朝から雪だったしな....)。一応F市の天気を見ると最高気温4℃('A`)。しかもあそこは高所にあるので4℃じゃ済まない訳で....。今週は専有イベントがあるのでフリー走行できないし、17日か24日....まあだめならだめで別にいいんだけど。

 3日は代わりにスタッドレスタイヤの組み付けに行ってきました。そしたらガソリンスタンドがどこも混んでて....('A`)。ようやく混んでないスタンドを見つけて作業を依頼。ここまではよかったのですが....。

店員「あーすいません。」
Sybarites「はいはい。」
店員「ホイールの内1本が歪んでエア漏れしてますね。あとバルブも死んでます。」

 ('A`)

 先日タイヤレバーを使って自分でタイヤを外した訳ですが、実は調子に乗って組み付けまで自分でやろうとしたんですよね(1本だけ)。そしたらリムがけっこう曲がっちゃって....(ノ∀`)。あとビードもけっこう切れました(ノ∀`)。まあエア漏れする程じゃないだろうと思って持ち込んだんですがやっぱダメだったようです。ちなみにバルブは2本ダメになってました。まあそれも自分で作業した時に裂けたんだろうけど。

 仕方がないので、何とか無事な2本だけでも最後までセットアップしてもらって帰りました。歪んだホイール1本(とタイヤ)の代わりはもちろん買いましたよ(トホホ)。でもこれを履かせる前にやることが....。これは週末のネタに。

 さて、とっくに届いていた訳ですが....。ようやく取り付けが完了しました。

 正直言って「料金所通るためだけに何でこんな物を....」と思っていたのですが、ちょうどカードを1枚作ることになり、しかもETCカード兼用にもできるということで車載器まで購入となりました。

 買ったのはよくあるアンテナ別体式です。込み込み5千円ちょっと。面倒な分割払いも無く、納期も短くて値段も手頃なのでこれにしました。しかし本体固定方法が両面テープしかないってどうゆうことなんだよヽ(`Д´)ノ。せめてボルトを通すサービスホール位無いと....。

 本体固定のに両面テープは使いたくなかったので、100円ショップで売ってる粘着シートを使用しました。

 でもそれだけだと弱いので、穴を開けてタイラップで固定(ォ。固定箇所はステアリング下にある小物入れ。色々考えましたがK12はここしかないような気がします。他のオーナーさんもそうみたいだし。あと本体にはカード挿入時とイジェクトボタンを押した時に後ろ向きの力が掛かる為、ボルトを1本通して滑り止めにしました。

 アンテナはダッシュボード上に設置。てっきり窓ガラスに貼るのかと思っていたのですが。

 アンテナ線は下手に切り詰められないし無駄に長いので、助手席側に取り回しました。

 後は電源とアースを取ります。後付メーター付けるよりも簡単ですね。

 小物入れを元に戻して完成です。キーオンにする度に「ピピッ」と音がなりますが、まあ我慢できるレベルなのでそのままにしました。どうしても気になるならスイッチでも噛ませれば良いでしょう。

 そしてトップ画像にもありますように、家のマーチに車庫があてがわれることに(お下がりですが....)。中を整理しないといかんのですが、とりあえずコードリールや投光機を買ってきました。今後が楽しみです(色々と)。

inserted by FC2 system