2007年11月

28日

 夜フロント部分を縁石に乗り上げてしまいました(ォ。何とか生還しましたが下回りが心配。暇を見て潜ってみます。大したことないといいな....(´・ω・`)。

 さて前から欲しかったPSP買いました。もちろんこの間発売された新型(PSP-2000)です。「もう大してゲームやらないのに」とも思ったのですが、どうしてもサイヒルゼロがやりたかったのと本体に汎用性があるので2万円位ならと....(もっとも2万じゃ済みませんが)。

 色は無難なシルバー、といきたいところではありますがそこはSybarites。あえて人気の無さそうなラベンダーパープルにしてみました(青も良かったが....)。メタリック調の塗装になっており、悪くないです。

 本体を買うと電池パック、ACアダプター等が付いてきます。本当に必要最小限と言った感じで、後はオーナーの好みに応じて周辺機器を買い足していくことになります。

 とりあえず欲しいのがメモリースティック。これが無いとゲームのセーブデータ等を記憶することができません。てっきり内臓メモリー等が使えると思ってたんですがね。今は大容量タイプも安いので2GBを奢りました。あと画面がかなり大きいので、傷や汚れ防止に保護フィルムを買ってやりたいところ。高い物じゃないし。

 これにお試しでゲームソフトを1本。何だかんだで給料が飛びますヽ('A`)ノ。まあこれで何とか遊べる準備が整いました。

 初期設定中の画面。文字入力も可能ですがちょっとメンドいですね。

 無線LANの送受信ユニットが内臓されているので、ワイヤレスルーターがあれば単体でネットに接続も可能です。にきもちゃんと見れます。ただ機能的に落ちるので、目の前にパソがあったらPSPで閲覧する意味は無いですね。

 やはり専用サイトにアクセスしてアップデートや体験版のダウンロードに利用するのがメインになるでしょう。

 次回はゲームについてです。

25日(順調に散財....)

 少しお尻が痛い(アレな病ではなく)のでシートのクッションスポンジを交換してみました。最初は柔らかめのスポンジに替えたのですがこれが失敗。余計痛くなります。枚数を増やしてもすぐペッタンコになってしまいます。やはりある程度コシと弾力性のある素材でないとだめですね。

 そこでより高弾力で耐久性もあるウレタンスポンジを購入。これをたっぷり3枚重ねにして敷きました。それでも大量に余りましたが....('A`)。

 もうふくふくです。これで長距離もばっちりです。若干ポジションが上がりますが無問題。何せヘッドクリアランスはたっぷりありますから。

 さて、買ってきたわけだが....。

 来週はこれをネタにひとつ。あとマーチのパーツも2点オーダーしました。寒いけど交換がんばります(続く)。

23日

 昨日の帰る時はすごい雪でした。何とか家までたどり着きましたよ。夏タイヤで(ォ。

 今朝起きて早速タイヤ交換しました。いいや、今年はもうコースインしね。燃料も高いしな....。

 ついでにフロントの泥よけも外してみました。段差を乗り越える際に擦ることも多く、以前から外そうと思っていました。ダッピングビスで留まっているだけなのでドライバー1本で外せます(両面テープは使ってなかった)。

 あと雪とは関係ありませんが、サイドシルちょっとぶつけました....orz。来年は本格的に修理出すかなぁ。

 給料が出たので小さいコタツを買って机の下に設置してみました。これで冬篭りはバッチリだ(ぇー。

 さて明日は前から欲しかったアレを買いに行きます。でも売ってるかなぁ....('A`)。

19日

 マーチの車窓から....。

 今朝は少し積雪があり、タイヤ交換をやりました。自分のじゃないけど(ォ。今年はどのタイミングで交換するか。毎年悩むところです。

 昨日はオイルを交換しました。前回から1万キロ近く走ったのは引っ張りすぎですね(反省)。やっぱりオイル交換会員に復帰した方が良いのだろうか....。

 ついでに下回りもチェック。クーラントの漏れはさすがに止まりました。上手くいったようです。

 代わりと言ってはなんですが、最近スロットルの調子が悪い....(´・ω・`)。冷間時限定ですが、スロットルの開閉がスムーズに行われなずギクシャクします。エンジンチェックラップが点くこともあるし。

 悩みは尽きませんねぇ。

17日

 以前からウォーターポンプ(以下ウォポン)の水漏れが発生していました。日に日に漏れは酷くなり、最近では車を降りると前からクーラントの匂いがしたり地面に緑色のマークが付いていたりしました。クーラントを継ぎ足しながら走ってきましたがもう限界。交換することにしました。クーラントもけっこう高いですからね。

 まずは下に潜ってアンダーカバーを外し、ウォポンのベルトを緩めて外します。ここまではいつもの作業。

 次にウォポンのプーリーを外します(プーリーが邪魔で外せないボルトがある為)。ここで手間取りました。取付けボルトは3本。ボルト2本にメガネを1本ずつ掛けて回り止めにしながら緩める訳ですが、それだと1本残ってしまう....('A`)。

 何か良い専用ツールがあるような気がしますが持ってないので、代わりに長いボルトを2本用意。ボルトを抜いた穴にこれを貫通させてウォポンに当て、回り止めにしました。このやり方は新しいウォポンにプーリーを固定する時にも使いました。

 いよいよウォポンの取外し。まずは固定ボルト5本を緩めます。写真左側の2本はメガネ等が掛けやすく余裕ですが、問題は右側の3本。上からも下からも見え難い上に手が入り難いです。

 またメガネが当てられないのでボックスレンチを使うしかないのですが、狭いのでエクステンションが使い難い....。ここは手持ち工具にある程度バリエーションが無いとどうにもならないですね。Sybaritesは首振りエクステンションを併用してなんとか緩めることができました。

 ボルトを緩めただけでは張り付いてて外れません。ここは上から貫通ドライバー等を当て、ハンマーでガンガン叩いて外します。外れるとクーラントがかなり流れ出すので、下にバケツ等を置いておくと良いですね。

 外れた後はホースで水を掛けてから接合面のガスケット取り。ただやはり見え難い&手が入り難いので手間取ります。指先の感覚を頼りにとにかくきれいにしていきます。終わったらよく拭いて乾かします。

 新しいウォポンに液体ガスケットを塗ります。塗るのは接合面に溝が彫ってある部分。塗りすぎるとはみ出てあまり良くないので程々に....。

 塗った後は手早く(もなかなか難しいけど)エンジンに合わせてボルトで元通りに固定。プーリーとベルトとアンダーカバーも戻します。後は片付けなんかをやって時間を置いて、クーラントを補充。エア抜きをやって完成。

 1日掛かったよ....(遅)。

 これは外したウォポン。もちろん軸受け部分からの水漏れでした。しかしこの塗り方は酷いな....。

 という訳で自分でウォポン交換してみました。はっきり言ってメンドい....('A`)。初めての作業な上に整備性も悪い為、思った以上に時間が掛かりました。次回からはもっと手際よく作業できると思います。もっとも2回目は無いと思っていますが....。ありませんよね?(ぇ

16日(冬に向けて....)

 すっかり涼しくなってしまいましたね。お店に入ると毎年恒例の音楽がガンガン聞こえてきて、ああもうそんな季節なのかと....(´・ω・`)。今年の冬は何をして過ごしましょうかねぇ。

 KTCのドライバー型ハンドルを買いました。こういうの欲しかった。ステアリングやボススペーサー脱着の際に非常に役立ちます。

 これに首振りエクステンションとヘキサゴンビットを装着。これで早回しもできるし、曲げればトルクも掛けられます。あの細い6角レンチをカラーンと落として見えなくなり、ヽ(`Д´)ノとなる日々にオサラバです。できればもうちょっと早くオサラバしたかった(ォ。

 まあステアリング以外にも色々使えるのでオススメの一品です。値段もそんなに高くないし。トランクに放り込んでおこう。

 さて明日はウォポン交換です。もうやることも無くなってきたしな(・∀ ・)。

14日

 先週のネタなんですが、ボススペーサーを入れてみました。今回はちょっとだけ出せればよかったので、薄切りタイプを選択。せっかく通販で買ったのに地元でも売ってましたよ('A`)。

 6枚組になっていて、1枚5ミリで30ミリまで好きな厚さにすることができます。ただデザインの都合で少し重いのが難。

 取付けボルト付きですが、カタムキナオールスペーサーの後ろに入れたかったので別にボタンボルトを購入。せっかくなのでステンボルトにしてみました。この型のボルトは地元のホームセンターでは売ってないので、ネジ屋さんのネット通販はホントありがたいです。

 んで完成。ステアリングの固定ボルトもボタンボルトに交換。化粧リングは付けずにホーンボタンを押し込みました。このスペーサーなら問題ないです。

 やっぱりこのかたちが一番カッコイイですね。一時同じナルディのラリータイプにしようかと思ったのですが、このままでもいいかも。

13日

 週末は絶対ウォポン交換と思っていたのですが、天気が悪いヽ(`Д´)ノ。下に潜らないといけないので、残念ですが作業は諦めました。なので代わりのネタ等....。

 ついカッとなって更にステアリングを下げました。とうとう高ナットまで導入。非常に良い感じに落ちたのですが、さすがにスピードメーターが見え難くなりました。まあCMX−100も付いてるので、それを代わりの速度計にすることにしました。

 ちなみに純正の速度計とCMX−100の表示速度には数キロ前後のズレがあり、CMX−100の表示速度の方が若干遅く表示されます。どっちが正しいのか。エンジン回転数はタコメーター(こっちは社外品だが)の表示とほぼ同数なので、やっぱり....。

 もちろんコラム下の小物入れは付かなくなりましたよ(´・ω・`)。かろうじて枠だけ残りました(しかも後ろ側を切り刻んだ後でな....)。

 シフトノブも位置下げ。ここまでローポジ化したのですからエクステンションはもう不要です。今日はここまで。

 さて今週こそはやらないとな。でも週間天気予報を見ると....('A`)。

8日

 閲覧者の方からタコメーター取付けに関する質問をもらった。実はまーちにきに寄せられる質問の中ではタコメーターの質問が一番多い。やはり車に拘っていくとタコメーターは外せない装置のようである。Sybaritesも取付けてからかなり時間が経ってしまったので、思い出しも兼ねてネタにしてみた。

K12タコメーター追加に関する考察

 タコメーターの後付けは、AT車だとATコントロールユニットの方に(配線を探して)接続するだけで良いらしいです。

 一方MT車の場合はECUのカプラーから回転信号線を探し出し、そこにタコメーターの配線を割り込ませます。ここは他の車と同じ。

 ただそのまま繋いだのでは作動に必要な電圧が得られない為、正常に作動しません。メーターの手前にもう1個パーツが必要です。パーツは上の図のように有名所で3種類程あります。

.譽屮▲瀬廛拭(2,100円)
http://www.nippon-seiki.co.jp/defi/car/rev.html

▲◆璽襯▲鵐(6,300円)
http://www.nagaidenshi.co.jp/OTHER/ramp_4990.shtml

B膺好瓠璽拭実从パーツD(3,000円だが大森のタコメーターを買ってからなら2,000円)
http://www.omorimeter.co.jp/customer8.html
http://raijo.aa0.netvolante.jp/other/ek-wagon/parts001_up.jpg

 この内Sybaritesが使用しているのは◆このアールアンプで注意したいのが、タコメーターを選ぶ時は必ず1気筒対応モデルでないと正常に動作しないということ。そこさえクリアできればメーターの種類は不問。

 ,鉢については使ったことが無いので残念ながら詳細は不明ですが、,離譽屮▲瀬廛拭爾醗楕タコメーターを組み合わせて使っているオーナーもいるようです。なので同じくメーターの種類は不問かもしれません。

 についてはもっと不明。他社のメーターと組み合わせた場合の動作については分かりません。もちろん大森のタコと組み合わせれば問題ないでしょう。ただ針が細かくブレるとかいう報告を過去に見たような....。

  銑でどれを選んでも良いとは思います。大森1点買いならでも良いでしょう。少しでも安くと言うのであれば、やはり,離譽屮▲瀬廛拭爾飽造ぅ織灰瓠璽拭爾鯀箸濆腓錣擦襪里一番でしょう。外国製の安いやつだと5千円もしませんからね。

http://www.nippon-seiki.co.jp/defi/product/bfta/bfta_top.html
 アダプター買って追加なんて何だかメンドいなぁという方には、このようなレブアダプター内臓タイプもあります。Defiのリンクユニットも要らないので扱いやすいと思います。値段は高いですが、内容相応ではないかと。個人的に9千回転目盛が選べるのもポイント。

http://pivotjp.com/product/frame-progauge.html

http://pivotjp.com/product/flame-x3.html

 こちらもアダプター無しで取り付け可能なメーターです。特にX3Rの方は診断コネクターに挿すだけと非常に簡単に取付けできるようです。

http://www.nippon-seiki.co.jp/defi/car/list.html
http://www.blitz.co.jp/new-product/nissan_ecu.pdf#search='ecu
 配線を割り込ませる所は上記のリンク先にあります。ただ配線の位置が異なりますね....。ちなみに私のはDefiのリンク先の取付けポイントと同じです。

※閲覧者の方から配線が異なるのではとのご指摘をいただきました(情報ありがとうございました)。上記リンク先の配線図によるとピン数からして違うので、年式による違いもあるかと思います。

 他には自己診断装置用のコネクターに接続するタイプの電子メーターもあります。取付けは非常に簡単ですが、視認性に問題があるのであまりオススメはできません。

 もちろんタコメーター入りのメーターパネル交換するという方法もあります。これなら差し替えるだけなので一番スマートですね。積算走行距離が変わってしまいますが....。

http://pivotjp.com/
http://www.nippon-seiki.co.jp/defi/
http://www.omorimeter.co.jp/
 肝心のメーター選びですが、ちゃんとした物をということであればやはりこの御三家でしょうかね。

 とまあこんな感じにまとめてみました。ツカレタヨ....orz。

6日

 土日も仕事が入ったりしてなかなか作業が進まない為、昼休みにプラグ交換をやりました。もちろん会社の駐車場で(ォ。みんなもよくやるよね?(やりません)

 前に交換した時からどの位走ったのか分からなくなってしまったのですが、少なくても5〜6万キロは走ったはず。電極がかなり減っていました。特にマイナス側がすごいですね。極端に調子が悪くなっていた訳ではありませんが、もう限界でしょう。

 それとブローバイホース用にシリコンホースを買ってみました。キャッチタンクに繋ぐブローバイホースにはホームセンターで売られている耐圧ホースを使用するのが普通ですが(値段安いし)、熱ですぐに硬化してしまいます。そこで耐熱性の高いシリコンに。ただ値段も高いですね。5Mも買えば1万オーバーに('A`)。

 プラグ交換のついでに一部のホースを交換。負圧を掛けると凹むのではと心配しましたが、肉厚があるので問題なく使用できるはず。

 問題はウォポンだな。さすがに昼休み中に交換は無理だよ(ォ。

 週末までまだ間があるので次回はお買物日記&小ネタで。しかし潮時とか言っておきながらコンスタントに更新してるわな....。

4日(今までのまとめ)

 今日もあちこち走り回ってきました。ちょっと仕事でしたが。

 ステアリングがちょっと遠いのですが大体完成した感じなので、遅くなりましたが新レールの感想とか....。カップカーよりも低いシートポジションは如何なるものか。

 ドラポジを決めて初めて座った時の印象は、「まさにスポーツカー」。足の投げ出し方やステアリングの位置関係等、理想としてきた形にかなり近づいた気がします。色々と手を加えた結果ではありますが、マーチでこのドラポジを実現できたことに感動しました。

 気になるダウン量は大雑把に測って20センチ近くもあり低いです。隣にシルビアやRX−7が止まっても負けません(ォ。今までは不可能だった、座ったまま地面でタバコの火を消すというエンスーよろしくなアクションも可能に(私は吸いませんが)。

 シートの底とフロアの間に隙間はほとんど無く、手を入れることも難しいです。シートの下に何かを落とした場合、取り出すのに苦労します。

 走らせてみるともう別世界。窓ガラスを流れる景色も一味違って見えます。ここまで低くなると、体感ロール量がかなり減ります。前輪のグリップを探りながら曲がるという作業がより緻密に行えますし、今までより思い切った速度で進入でき....とにかく楽しいです。

 問題点としては、言うまでもないことですが視界が極端に悪くなります。側方や後方はともかく、前方視界が悪いのはつらいところです。私の身長は175センチ位ですが、まともな運転ができるギリギリの視界だと思いました。シートを(足が窮屈にならない範囲で)できるだけ前にして、できるだけ起こして固定してもそれです。身長が180センチオーバーな人であれば、かなり良い感じかもしれません。

 ただ、慣れれば十分イケることも分かりました。最初は怖かったけど。

 それ以外の問題点は今までの日記に書いた通り。あと窓ガラスの位置が相対的に高くなるので、何か遮光を考えないといけないですね。このままだとサンルーフみたいになりそう....。

 という訳で長らく続いたK12マーチローポジ狂も一段落です。これ以上は下げる意味が無い(と言うか運転できなくなる)ので丁度限界です。ボレロさんのレールは仕上がりも良く、ガタつきも無いのでなかなか良いレールでした。細かい要望にも応じてくれるので、ドラポジに拘りのある方は一度相談してみるといいかもしれません。

 まあ、あんなレールをオーダーするのは俺ぐらいだろうけどな(ォ。

3日

 暇つぶしにWonderGOOに行ったのですが、ゲームコーナーで新型(薄型)PSPを発見。発売当初は品薄とかいう話も聞いたのですが、もうバリバリ買えるみたいです。見本があったので手に取ってみたんですが、これがなかなかイイ(・∀・)。品カードをレジに持ってくところでした。所持金が少なかったのが幸いでしたね(ォ。

 でもいいなぁ。僕のPS2と交換してくれませんかね(ありえないから)。

 さて今日は前回の続きでステアリングの位置調整。レール交換によってステアリングとシートのセンターがかなりズレてしまいました。あとステアリングの位置が高すぎです。まずはその対策から。

 ステアリングの高さはステアリングコラムの取付けポイントにスペーサー(ナット)を噛ませる等して、これ以上無理な位に下げました。そにしてもこのコラムは重い。

 ただ左右の位置調整となると簡単にはできません。それこそ内装総バラしが必要....。

 仕方ないので固定ポイントを緩めてから、ステアリングをなるべく右に寄せて固定しました。これだけでもけっこう改善されます。完璧とは言えませんが。でもこれで一応完成....か(続く)。

 後はお買物日記で。今まで折りたたみ式のキーホルダーを使っていましたが、鍵がポロポロ取れるようになったので買い替えました。これはKTCのレザーキーホルダー。小振りですがしっかりした造りでたいへん気に入りました。安いし(やふーショッピングで)。

 車内用の携帯充電器が壊れたのでこちらも買い替えました。しかし売り場に行ったらFOMA用ばかりで焦りましたね。mova用なんてもう売ってないのかと思ったら一番下の方に2種類だけ。電池パックも交換したし、これでまだまだ使える!(庶民)

inserted by FC2 system