2009年10月

31日

 FT-86コンセプトモデルには正直驚きましたね。あんな車もう出ねぇーだろと思っていましたから。社長さんは出す気満々のようなので、再来年の発売が楽しみです。どんな車がロールアウトするのか。

 そして今日は我が家の86みたいな車のデフオイルを交換しました(ォ。

 一方の青。中古のブレーキキャリパーが届いたので、早速欠損していた部品を移植しました。そこら辺は問題無く完了したのですが、今度はリアのショックがオイル漏れを起こしているのを発見('∀`)。

 減衰がさっぱりなってないので、小さな段差でもカタコトうるさいです。どう考えても要交換。とりあえず中古のショックを買うか、社外のサスキットを買うか検討中です。まあ検討するまでもないけど('A`)。

 ステアリングをナルディスポーツに交換しました。良い感じに重ステになりました。エアバックキャンセラーを付けても警告灯が点くことがあるので、警告灯の電球は撤去。

 ただこの車、シートとステアリングのセンターズレが酷いんですよね。この間買った偏心スペーサーが良かったので、来月注文する予定。

 後はブレーキペダルをハイリフトタイプに交換。これでヒールアンドトゥもバッチリ。バケットシートはまだまだ先になりそうですが、大分良くなってきました。

25日

 昨日の続き....。

 家のは廉価グレードの為、フットレストが付いていません。安い部品なので、注文して取付けます。やっぱりこれが無いとね。

 固定するためのボルト穴は最初から開いているので、カーペットに穴を開けて取付けます。奥のボルトに工具が当てられないので苦労しました。フットレストを加工したり、キャップボルトを使ったりして何とか固定しました。カーペットを切れば楽なんでしょうけど。

 右側のテールランプがグラグラすることに気づいたので、外してみると折れていました(ノ∀`)。良く見ると瞬間接着剤のような物が付着しています。そんなんで直せる訳....。

 中古のテールランプを買って交換したいところですが、ちょっと余裕が無いし樹脂パーツなので半田ごてで溶接。しばらくはこれで我慢です。

 シフトノブが少し遠いので、エクステンションを追加。シフトノブはロードスターのノブに交換。サイドブレーキにブーツを追加。だんだん自分好みになってきました。

 後はエアバックを外して、キー抜き忘れ防止ブザーもキャンセル。ステアリングボスは既に注文してあるので、届いたらナルディスポーツに交換です。

24日

 発進時にフロントから異音が出るようになったので、キャリパーの固着かなぁとタイヤを外してみたのですが....、

 右と左で何か違う\(^o^)/。

 これじゃパッドが完全にフリーダムですよ。ピンが勝手に抜けたとは考えにくいし、いったい誰の仕事なんですかね。ディーラーのメカか、前オーナーか。まあ可能性が高いのは....。エア抜きした時に気づかなかった私も悪いんですけどね。

 とりあえず応急処置として、パッドはタイラップで仮留めしておきました。後は中古キャリパーを買って直す予定です。ピンだけ注文できないかもしれませんし。

 明日に続く....。

23日

 今日の陸運支局(ォ。

 まあ今日じゃなくて昨日なんですが、マーチの抹消登録に行ってきました。車体は解体工場に持ち込んで処分したので永久抹消です。各種還付金の手続きも済ませてきたので、これで完全にお別れとなりました。

 しかし昨日の窓口はいつにも増して暇そうだったなぁ。

 走行距離は17万5千キロを超えました。買った時が5千キロだったので、17万キロ走ったことになります。大人しく走っていればまだ行けたと思います。クラッチがどこまで使えたかは分かりませんが。

 次の車は既に来ていたし何だか慌ただしくあっさりとした別れではありましたが、K12は良い車だったと思います。エンジンに対する信頼性が高ければ、もう1回K12を買ったかもしれません。

 ただ弄くり回して経験も積めたし、色々な実験台としても役に立ってもらいました。やり残した事もありますが、それは次の車を使って何とかやり遂げたいですね。

 その前に色々と問題があるんですが....(´・ω・`)。

19日

 昨日も1日青を弄ってました。ベルト交換はなんとか終了。

 後側のベルトも難しかったですね。テンションを掛けているオルタネーターに位置調整機構が無く、写真のようにバールを当てて自分で張りを作る必要がありました。工具も当てにくくて若干難易度は高目です。ちょっとでも緩いとベルトが滑ります。

 ただK12とは違って、全てエンジンルームの上から作業できるのは良かったです。エアクリが邪魔なので外しましたが、それ程手間は掛かりません。剥き出しタイプのエアクリに交換すれば、作業性は更に良くなるはず。

 他には青く塗ってあったボルトやウェザーストリップを交換。エアクリのガスケットが欠損していたので、新品を購入して取付けました。

 4点式ベルトを固定するためのアイボルトも取付けました。ロードスターからベルトを外して付けてみましたがやはり短すぎました。まあ今の所使わないけど。

 手直ししたい所はまだまだあるのでたいへんです。

17日

 良いお天気なんですが、気になる所があるので修理です。

 エンジン始動時に盛大なベルト鳴きが発生することがあり、ベルトが滑っている可能性があるので新品に交換することにしました。ディーラーからベルトを買ってきて、古いベルトを緩めようとしたのですがさっぱり緩みません。

 結局色々バラして、テンションを掛けているパワステポンプを外したところでようやく緩みました。原因はパワステポンプの固着。と言うかブラケットがキツ過ぎるのが原因ですね。ポンプの接合面をペーパーで削っておきました。これで次からは作業が簡単になります。

 暗くなってしまったので今日はここまで。ベルトはもう1本あるのであと半分です。そっちは固着してないといいのですが。

15日

 気になるパーツを見つけたので、興味本位で買ってみました。もちろん実用性もある程度期待していますが。

 ホンダビートのプロショップ、RSマッハのオフセットステアリングボススペーサーです。ボススペーサーの中では高額の部類で、1個1万円位します('A`)。

 ひと言で表すなら偏心型のボススペーサー。ステアリングの中心をずらして固定することができます。何でこんな物を作ったのかと言うと、ビートの純正ステアリングが偏心型だからなんだそうで。さすがはビート専門店ですね。

 そして何でこんな物を買ったのかと言うと、ステアリングとシートのセンターズレを無くすのに使えるんじゃないかと思いまして。

 早速ロードスターに取付けてみました。ひとつ問題があってナルディ穴を利用して固定する為、真横に偏心させることができません。上下の他は斜め上下にオフセットさせるしかありません。まあこのパーツは本来真上にオフセットさせるためのパーツなんですが....。

 今回は右斜め下にオフセットして固定。ボスの取付け角度から変える手もありますが、ウインカーレバーのリターンがおかしくなる気がしたので止めました。それでもズレはかなり補正されて、満足のいく結果を得ました。試乗はまだですが、小径ステアリングなのでクセはあまり無いかと。

 という訳で新パーツでした。K12マーチなら、高すぎるステアリング位置を下げるのに有効かもしれません。

14日

 1週間程乗ってみました。

 ふかふかのサスペンション、ホールド性能の低いシート、手応えの無いステアリング。それにも関わらず揺るぎのない運転の楽しさがこの車にはあります。実用性もたっぷりで、本当にええ車ですよこれは。

 でも燃費が思った程伸びないような....('A`)。

1日

 登録が完了しました( ^ω^)。

 書類が多くて手間取りましたが、準備はしっかりやっていたので問題なくナンバーがもらえました。

 検査の方も一発合格。やはりマフラーの音量計測はありましたが、車検対応マフラーなのでこちらも問題なし。ユーザー車検もコツは掴んでしまったのであまりネタにならなくなりましたね。良いことだけど。

 週末に準備して来週から本格的に走り始めます。まずはどこから手を付けるか....。

inserted by FC2 system